生活情報WEB

テストページ03

7月1日の「報道ステーション」での出産告白以来、父親はだれかという話題で連日賑わしている安藤美姫選手。

「報道ステーション」での告白当初は、観ているこちらも出産を決意し、その上でソチ五輪も目指すという安藤選手を応援する気持ちもありましたが、反面、父親がだれなのかを明かさなかったことが腑に落ちませんでした。

もっとも父親は、それまでに同棲をスクープされた同じフィギュアスケーターの南里康晴(27)さんであるものと当然思っていましたが、その後のニュースで、南里康晴さんは父親であることを完全否定。

では、それよりも以前から噂もあり、特別な関係であったことを本人が告白した元コーチのニコライ・モロゾフさんかと思いきや、モロゾフさん本人も全く身に覚えがないということを述べています。

そうこうしているうちに、第三の男としてイベント関連会社重役のX氏(50代)が急浮上しましたが、これも真偽のほどは定かではないということ。

報道ステーションの終了後は、ママアスリートとして頑張っていこうとする安藤美姫選手に対し、世のシングルマザーをはじめ、応援の声や論調が多かったと思いますが、今では、泥沼の父親捜しに話題の中心が移ってしまった感があります。

それと同時に、せっかく目指しているソチ五輪への道のりも、出産ということとは別として、かなり厳しい道のりようです。

出産報道の翌日、日本スケート連盟は安藤選手について「特別扱いは絶対にしない」と明言しています。

このような連盟の姿勢には、昨年10月にそれまで安藤選手が所属していたトヨタが冠スポンサーとなり、日本スケート連盟が御膳立てをした中国杯を安藤選手がドタキャンしたことも影響しているようです。

それもあって、トヨタも退社せざるをえなくなったようです。

安藤選手がソチ五輪を目指すには、少なくとも五輪代表最終選考会を兼ねる12月の全日本選手権に出場しなければなりませんが、現在、安藤選手は連盟の強化指定から外れているため、10月の関東選手権、さらに11月の東日本予選などの地区予選から勝ち上がらなくてはなりません。

仮に勝ち上がっていったとしても、浅田真央選手、鈴木明子選手、村上佳菜子選手などの現役有力選手などを押しのけ、五輪の3枠に入らなければならない。

父親騒動、ソチ五輪、どちらも安藤選手にとっては茨の道となりそうです。


連日、安藤美姫選手の子供の父親と騒がれている南里康晴さんが、12日に開催された「プリンスアイスワールド東京公演」の感想を自身の公式ブログでファンに対する感謝の気持ちを綴っていました。

ショーは平日ということもあり、65%の入りで空席も目立ったようですが、渦中の二人がそろって出演するということもあってか、日本テレビとフジテレビがショーの模様を生中継する異例の事態もあったようです。

しかし、ショーでは安藤美姫選手と南里康晴選手が共演するということもなかったようです。

その南里康晴さん、安藤美姫さんとは交際し同棲していることはすでに報じられているところですが、今回の父親騒動に対しては、今のところキッパリ否定しています。

父親ではないが、今でも交際は継続しているのかはわかりませんが、以前、二人の間に結婚の話が持ち上がり、安藤さんの母親は結婚には反対で、結婚の条件として南里さんに対し、厳しい条件を突き付けていたようです。

その条件とは、「婿養子になること」、「生活基盤を安定させること」、「ソチ五輪に出場すること」というものらしいです。

3つ目の「ソチ五輪に出場すること」というのは、南里さんはすでにプロに転向しているので、おそらく安藤さんに対してのものかと思われます。

もしこれが事実で、南里さんが子供の父親であると仮定すれば、南里さんがまだプロとしての収入も安定しない状況なので、安定するまでは結婚のことやましてや子供の父親であることを固く否定し、一方で産後すぐに、しかもこれから険しい道のりになることが予想されるソチ五輪に向けて安藤さんも進むことを決意したとも推測できます。

本当に南里さんが子供の父親ではなく、結婚も白紙に戻ったのか、それとも結婚に向けて二人の間で決意してのこれまでの対応なのか、いずれ明らかになるときもあるでしょう。

まあ個人的には、南里さんはなかなかの好青年のようなので、南里さんが父親であり、結婚してほしいなとは思いますが、果たして真実はどうなのでしょうか・・・。

メインページ
テストページ01
テストページ02
テストページ04